無病息災−"黄ぶな"の塗り絵 | p4u

1/1

無病息災−"黄ぶな"の塗り絵

umi.黄ぶな塗り絵.jpg

¥ 100 税込

ダウンロード販売の商品
購入後にDL出来ます (2181975バイト)

これ以上コロナウィルスで苦しむ人が出ませんように……

''病気よけとして愛される黄ぶな''
昔、宇都宮市で天然痘が流行ったときに大きな黄色いフナが釣れるようになり、病人がその身を食べたところ、病気が治ったとの言い伝えから栃木県民に広く愛されています。黄ぶなの無病息災の力があなたにも届きますように。

"動物とちょっぴりパンクなumi.の世界"
動植物をこよなく愛するumi.の世界では生き物がたくさん出てきます。動物たちの可愛らしさや力強さを感じながら絵と向き合うことで、新たな自分と出会えるかもしれません。

"意外に知られていない塗り絵の効果"
塗り絵には自律神経を整える効果やストレス発散、集中力を鍛えるなどの効果があると言われています。また、カラーセラピーのように自ら塗った絵を飾ることでゆったりと自分を見つめ直すことも出来そうですね。

<作家紹介>
umi.(うみ)画家
【"air"と称したアクリル画をメインに制作】
出生地・北海道の先住民である、アイヌのイオマンテ(動物の魂的な交流の儀式)と、美大出身の母親に影響を受ける。動植物をモチーフとして、地元の大学で専攻した工芸の知識をアンテナに、細かい色や線を重ねて描くスタイルを通している。ライブペイントによりその場の空気を感じて、イメージしたモチーフの悲しみと願いをアクリル画により表現する作品を柱とし、それらは"air"と呼称している。

"ともだち"と称したdoodle(ペン画)をしばしば提供している。アカデミックな手法に則ることなく常に自由に絵と対峙して芸術の可能性を考えていきたいと思い、「落書き=属さない」という方針で作家ネームの末尾に「doodle」と加え、「umi.doodle」という名前で作品を公表することがある。
今回は地元の伝承に基づいて、コロナの厄災がこれ以上広がらないようにと願って描いた絵を提供していただきました。

<関連サイト一覧>
https://www.google.com/search?q=umi.doodle&oq=umi.doodle&aqs=chrome.0.69i59j69i61j69i60l2j69i65.2799j0j4&sourceid=chrome&ie=UTF-8&fbclid=IwAR18O9ih2a8pnU5zhN1mR2O0f3FYFmbAfK6f7GSLyFiUiJSDiyMXJ65rUuI

<umi.関連商品>
https://www.p4u.tokyo/categories/438360

  • レビュー

    (27)

  • お支払い方法について

¥ 100 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品