2019/03/22 12:36

▼ 温かさと穏やかさが喜ばれる「ほのぼの観音」絵

尼僧仏画師・清水心澄(しみずしんちょう)のカレンダー(表紙含めて7枚/サイズA2)は、昨年12月中旬販売にも関わらず沢山の方からお求めをいただきました。本当にありがとうございます。

にこやかに笑うほのぼの観音が、私たちの普段の風景の中を散歩している姿は、見る方の想像力を掻き立て、新しい優しい世界を見させてくれます。


▼ 清水心澄の言葉とともに

カレンダーに使用されている絵は、豊川稲荷東京別院(東京都赤坂)で売り切れとなってしまった御朱印帳の絵「ダキニシテン」も盛り込んだ内容です。(同じ絵での再販予定は現在のところありません。)絵と同じくらいにご要望の高い清水心澄の手描きメッセージもデザインに施してあります。



▼ めくったカレンダーは額装して家に飾ることも

市販の額とマットを使用して、暦の終わったカレンダーを飾ることも可能です。下記は、ポスターフレーム(Eフレーム A2)とマット(ナンバー HB 13)を購入(加工費含めて合計3,500円ほど)して飾ってみました。和風の家の玄関や壁をパッと明るくしてくれます。


▼ 新年号のシールを付けて

ほぼ毎日、全国から清水心澄のお寺(新潟県糸魚川)に御朱印を求める方が訪れています。清水心澄の生粋の温かさに触れて、その絵の意味を知り、笑顔で帰っていきます。新しく変わる時代にも、この優しい気持ちが引き継がれて欲しいと願います。


カレンダーは残り少なくなってしまいました。新年号が発表後、カレンダーに貼り付けられるシールを付けてお送り致します。是非、貼ってご使用願います。